無添加シャンプーを使いこなす

ナチュラルを好む暮らしぶりも注目されている中で、台所洗剤においても無添加を選んで使う人が多いです。では、自然の成分、イコール、無添加なのでしょうか?いいえ、それはちょっと違っています。一言に無添加シャンプーと言っても、実はその中にもいろいろあるのです。その理由で何かと無添加のものを選ぶ人が増えています。

もっと多い方ですと、朝も夜もシャンプーをするという人もいるようです。もちろん、自然の成分だけなら、自然を汚しません。さて、自然の成分が人間の体に良いということは、どなたでもご存知でしょうね。ですから、ナチュラル志向の人は自然を汚さないためにも、無添加のものを好みます。

さて、頭髪の洗浄には欠かせないシャンプー、みなさんは、どのようなものをお使いでしょうか?いろいろなタイプのシャンプーが売られている中で、頭皮のことを考えたら、どんなシャンプーがよいのでしょうか?それは、無添加シャンプーでしょう。ナチュラル志向のあおりもあり、無添加商品は人気が高まっているようです。特に髪の毛が薄くて悩んでいる方、はげで悩んでいる方などの中には、高いお金を出して無添加シャンプーを使っている人もいると思います。

体に良いからと言う理由で、無添加シャンプーを好んで使っている方も多いと思います。みなさん、頭髪の洗浄は毎日、行って いますか?毎日、シャンプーする方が多いと思います。もちろん、化学成分が入っているものは、体によさそうではありませんよね。 それはもちろん当たってはいますが、全ての化学成分が頭皮に悪いというわけではないのも基礎知識です。無害なものもしっかりと あるのです。


全成分表示

買い物の時に、成分一覧までじっくり見て買う人もそうはいないでしょうが、これからはちょっと気にしてみると良いですね。それは、無添加シャンプーと表記する商品において、法律や制度がきちんとライン引きをしていないせいです。こんな話をすると、無添加シャンプーを使ってきた人ががっかりすると思いますし、無添加を選ぶ意味がないと怒る人もいるかもしれませんね。ですが、ここからが大切です。

化粧品などもみんなそうですが、みなさんは成分の一覧を見たことがありますか?あまり興味のない人が多いと思います。もし、本当に体に良い無添加シャンプーを選んで使いたいのなら、個人で見分けることも可能なのです。メーカーが「無添加シャンプー」と商品名をつけてしまえば、それは、無添加シャンプーとして市場に出回るということですね。成分が全部、書いてありますから、体に悪い成分があるか、ないか、自分でチェックして買う、ということです。

製品に使用している成分は、全成分表示することが義務付けられています。ですが、無添加シャンプーとうたっているものにも、それぞれ、違いがあります。とにかく、「無添加」であれば、体に悪い成分が入っていないと思っている方が多いと思います。

無添加シャンプー、自然派シャンプーと言っても、値段もピンきりでしょうし、タイプ も沢山ありますよね。厳密に言うと、無添加シャンプーと呼ばれているものでも、体に 悪いものが一切入っていないわけではないのです。ですから、製品を見れば、何を使っ ているのか、買う前にチェックできるのです。表示成分がはっきり明示されるようになった ことはこの点で消費者には嬉しいポイントですよね。




パラベン

シャンプーなどの成分のなかで、みなさんが一番多く見かける、防腐剤の「パラベン」という成分がありますよね。なぜなら、防腐剤は配合制限が厳しく決められていますから、体に害を及ぼす量は入っていないからです。どの成分を使っていないかは、ばらつきがあるのです。無添加なものを販売しているサイトもありますし、そのようなショップでは香料や防腐剤についてもこだわっているようです。

防腐剤のそれぞれに、欠点も利点もあり、どの防腐剤が使われていても、そう変わりはないかもしれません。ですから、店頭に並んでいる無添加シャンプーは、メーカーによって違います。ということで、「無添加シャンプー」と書いてあっても、いろいろな種類があることを覚えておきましょう。もちろん、メーカーが配合成分を守っている上での話ですが。

無添加と書かれていることで、簡単に安心はできないということです。確かに体に良いものもありますから、値段に左右されず、成分を自分で見極めて購入したいものですね。ですから、防腐剤が入っているのは当たり前であり、それらが人体に悪い影響を与えることはありません。ですが、防腐剤なしでは腐ってしまうので、パラベンの代わりに他のものを入れているのです。

パラベンを入れず作ったら、それは、無添加シャンプーだとうたっているメーカーもあります。無添加シャンプーに興味がある方は、まず、無添加とは何か、それをご自分でよく理解しておくべきでしょう。商品名、宣伝文句にとらわれず、自分の目で成分を確かめてみると良いでしょう。


洗浄成分

無添加シャンプーであっても、普通のシャンプーであっても、そのなかには洗浄成分が入っています。他の成分は、それほど髪の毛の仕上がりに影響は与えていません。無添加シャンプーなど、体によいものを使いたいと思っている方、多いようですね。みなさんは、シャンプーの入れ物をちゃんと見るほうでしょうか?シャンプー容器の裏側にいろいろ書いてあるのをご存知でしょうか?シャンプーだけでなく、化粧品類など、いろいろなものに成分表示がありますよね。

髪の毛が痛んだり、頭皮が不健康になったりするのは、この洗浄成分ですが、とても重要なポイントです。ですから、一番上に書かれているものが一番多く入っているわけです。そのシャンプーが無添加か、どうかの前に、この洗浄成分についてもチェックしてみる必要があります。

成分が一覧になっていますが、配合量が多い順に成分表示がされています。みなさんはこれをじっくり読んだことがありますか?シャンプーの裏を見てみると、そこには、全成分表が書かれています。そもそも、シャンプーというものは、洗浄成分がほとんどあり、成分表にはいろいろなものが書かれていますが、その中でも洗浄成分が一番、重要なのです。

洗浄成分が入っていないとシャンプーにはなりません。シャンプーの品質を決めるのが、この洗浄成分だか ら、それについて知るということはとても大切なことなのです。また、そのためには、私たちが洗浄成分のこ とを知る必要があります。シャンプーだからといってそのまま鵜呑みにしてしまってはダメなのです。 しっかりと洗浄成分の基礎知識をみにつけて購入するようにしましょうね。


トリートメントが重要

私も以前まで誤解していたのですが、髪の毛の仕上がりには、トリートメントが重要だと思っていました。まずは、「硫酸系洗浄剤」です。これは、ラウリル硫酸Naなどと表記されていて、成分名に硫酸の入るものです。ですが、それではいけないということがわかりました。

髪が痛んでいるときは、高いトリートメントを買ってみたり、よいコンディショナーを買ってみたりしました。では、ここで、代表的な洗浄成分をご紹介しましょう。無添加シャンプーを使っているのに、一向に髪の毛の状態がよくない人がいらっしゃったら、それはその洗浄成分が原因かもしれませんからね。ですから、そのシャンプーにどんな洗浄成分が入っているのかを知れば、それがよいシャンプーなのか、どうか、わかると言ってもよいでしょう。

みなさんが使っている無添加シャンプーも、その洗浄成分をチェックするとよいでしょう。要するに、コンディショナー、また、トリートメントによる効果ではなく、シャンプーをする時点で髪の洗いあがりは決まってしまうということです。もちろん、トリートメントで改善はされるでしょうが、美しい髪、健康な頭皮の基本はシャンプーを正しく選ぶことにあるのです。

単純によい洗浄成分が入っていれば、仕上がりがよいです。悪い洗浄成分が入っていれば、洗いあがりが悪く、トリートメントを使っても髪の毛の状態はよくならないでしょう。この洗浄剤は高級アルコールを原料としています。


相互リンク
結婚相談所 大阪



皮膚が弱い人も使える

低刺激で皮膚が弱い人も使える洗浄成分です。これは、洗浄力がとても強いのに、原価がとても安いため、生分解性が悪いという特徴を持ちます。刺激が強いため、頭皮も痛んでしまうでしょう。髪の毛の仕上がりがよいことと、低刺激のため、無添加シャンプーのなかでも、アミノ酸系洗浄剤を好んで使う人も多いでしょうね。生分解性が悪いと海を汚したり、環境問題に影響したりしています。

高いとか、高級とか、一般の意味とは違います。さらに、環境に悪いということは、とても心配ですよね。洗浄力があまり強くなく、穏やかです。薄毛の人が増加している問題は、これらのシャンプーが原因とも言われています。この硫酸系洗浄剤は、洗浄力が強いため、頭皮などの油分も落としすぎてしまう可能性があります。

洗うたびに髪の毛がダメージを受けてしまうようです。安いゆえ、使っている人がたくさんいるようですが、成分表示もちゃんと見てほしいと思います。頭皮が健康ではないと、ふけも出ますし、かゆみも出ますし、また、薄げにもなりやすくなります。これは、名前のとおり、アミノ酸から作られた洗浄剤です。

シャンプーの洗浄成分で「アミノ酸系洗浄剤」というものもあります。「高級」の意味は、成分表記の上で、低級、中級、高級と分類されています。原価が安いため、安いシャンプーなどによく使われていて、無添加シャンプーには配合されていません。髪と同じ成分、アミノ酸から作られているので保湿効果があります。




たんぱく質系洗浄剤

「たんぱく質系洗浄剤」は、コラーゲンなどのタンパク質から形成された洗浄剤です。それから「ベタイン系洗浄剤」という洗浄成分があります。毎日、体に使うものですから、体にとって安全なもの、そして環境にとって安全なものを選びたいですよね。髪の毛に柔軟効果を与えるといわれています。これは、天然成分で出来ている洗浄剤です。

ダメージヘアで悩んでいる方にはぴったりのシャンプーでしょう。ですから、赤ちゃん用のシャンプーに使われていることが多いです。ダメージを受けた髪の毛は、このような洗浄成分の入ったシャンプーを使い続けると改善するでしょう。無添加シャンプーと呼ばれている商品は本当にたくさんあるようですが、こうした洗浄成分を見分けると、よりよいシャンプーを選ぶことができますよね。髪もタンパク質で出来ていますから、髪の毛を補修してくれる効果があります。

洗浄力も適度にあり、低刺激です。洗浄力も穏やかです。値段より、シャンプーの質が大切です。シャンプーしながら、トリートメント効果も期待できるものです。「グルコシド系洗浄剤」という洗浄成分もあります。

無添加シャンプーで、このベタイン系洗浄剤系シャンプーも人気があります。また、低刺激であり、あわ立ちもよく 、さらに安全性も高い洗浄成分です。そのためには、シャンプーの成分とか、使っているものに含まれる成分に対し ての知識が必要ということですね。これは、グルコースと呼ばれている糖から作られた成分です。ご紹介した、洗 浄成分について、みなさんがある程度、知っていれば、シャンプーを選ぶ際にもより体によいものを選ぶことが出来るでしょう。 自分の肌に一番あったものを試供品などで試してみて、ベストなものを選ぶようにしましょうね。 買った後で後悔してもしかたがないので、最初に選ぶときが一番肝心なのです。